痛い!坐骨神経痛の症状がでたら

ちょっとした腰痛かも?と、放置しているうちに激痛に!ガマンに我慢を重ね、とうとう痺れや歩行困難に……。こんな事態を防ぐためにも坐骨神経痛の症状や原因、対処法を学べるサイトです。

腰痛

日常生活が送れなくなることも……

骨折しました。
もし、そうならば『大変ですね、無理はしないように!!』
そんな対応が返ってくるかも知れないし会社も休み安静にできますね。

しかし、『坐骨神経痛』、実はこちらも大変なのです。
しかも、折れたり飛び出している訳ではないのでレントゲンやMRI検査でもハッキリと原因が掴めない場合も多いことから『骨には問題なし』と診断されることも。

たかが神経痛と甘くみていると重症化して、排尿・排便・股関節・膝・足首の神経が麻痺してしまう事態を招くこともあります。

ガマンしすぎて長期の入院より数日の安静を

疑わしいな、と思っていても仕事を休んでまで検査に行くのも、と思う人もいるかも知れない。
仮に病院へ行ったとしてもあやふやな診断を下される可能性もある。
しかし、自覚症状があるのなら早急に診断を受けることをオススメします。

神経が圧迫されて起こるのが坐骨神経痛です。
痛くない訳がなく放っておいて良い訳がありません。

坐骨神経痛の原因となる疾患を見逃さない

坐骨神経痛は病名ではなく症状です。
椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症、腫瘍など坐骨神経痛の原因となる疾患は様々です。
女性であれば子宮ガンや卵巣ガン、男性は前立腺ガンなどの初期症状として坐骨神経痛を発症することもあります。

たかが、と自己判断やガマンで済まさず病院での診察を。
自分を守るために。

坐骨神経痛
http://zakotsu.jp/

年齢問わず坐骨神経痛に悩む人は多いといいます。姿勢の歪みなど原因はさまざまでしょう。坐骨神経痛のセルフチェック、予防法の生活習慣の改善法やストレッチ体操の方法など"腰痛持ち"の悩みや疑問に答えるサイトです。

”坐骨神経痛”に関する記事の紹介

坐骨神経痛の検査方法
http://zakotsu.jp/c00kensa/c01kensaho.html

傷などの様に、表面に症状が現れない坐骨神経痛。 一般的に問診・触診・レントゲンやCT、MRIなどを使い検査を行います。こちらでは問診の際の質問事項など紹介しています。正しく診断してもらうためにも症状を明確に伝える準備をしておきましょう。

坐骨神経痛の治療
http://zakotsu.jp/c00kensa/c02chiryo.html

坐骨神経痛の治療方法として一般的に保存療法といわれている神経ブロック、温熱療法、牽引、運動療法などを紹介しています。 重症の症状以外の人にはこの保存療法が施され8割に近い人に症状の改善が期待できるそうです。ぜひ、ご覧下さい。

痛みを和らげるストレッチ体操・ツボ・生活習慣
http://zakotsu.jp/c00kensa/c04taiso.html

痛みを和らげるため、また、予防するためのストレッチや運動を紹介しています。痛みやしびれなどの症状が現れている場合は症状悪化の可能性もあるので必ず医師と相談のアドバイスを受けて下さいね。

上へ戻る