【妊娠と腰痛】

「子供を生み育てる」という力は女性にしかないものです。
そのため、妊娠中の女性は自分と赤ちゃんの分の栄養補給と体重増加から来る諸症状に悩まされることも少なくありません。
特に、妊娠が原因となる腰痛は出産後にも影響するものといえます。
妊娠と腰痛の関係について紹介していきます。

妊娠による腰痛とは?

一部を除く哺乳類の動物は、母親が自分の子供を胎内で育てる仕組みを持っています。しかし、妊娠した人間の女性は他の胎生動物に比べて様々な不都合を抱えることになります。妊娠後に起こる腰痛もその一つなのです。

妊娠から来る不調

妊娠するということは、女性のお腹の中にもう一人の人間が居るのと同じことと言えます。日に日に成長する赤ちゃんを育てるために、母親は様々な困難を背負い込むことになります。妊娠からくる悪阻による食欲不振や味覚の変化に加えて、ホルモンバランスの変化による肌荒れや便秘などが妊娠期間中に発生しやすくなるのです。これらの身体の不調は妊娠が原因になって発生するものなのです。

妊娠と腰痛の関係

腰痛もまた、妊娠によって発生する身体の不調の一つです。赤ちゃんを育てる子宮は腰の近くにあるため、腰は妊娠による影響を最も受けやすい部位なのです。妊娠することによって、お腹が大きくなり身体の重心バランスも大きく変化します。妊娠することで姿勢は常に重いものを持ち上げている状態と同じことになり、腰に強い負担を掛けることになるのです。

ホルモンによる腰痛

妊娠中は、赤ちゃんを育て出産しやすい体にするためのホルモンの分泌が盛んに行なわれます。特に、出産しやすいように産道と骨盤を広げる「リラキシン」というホルモンの働きは、腰痛に密接な関係を持っています。骨盤を広げるということは、腰を支えている骨盤周りの靱帯を緩めるということでもあります。弛んだ靱帯の代わりに腰や股関節の筋肉の緊張が促進され、腰痛を引き起こす原因となるのです。

体重の変化による腰痛

妊娠することによって、女性は大きな体重増加を起こすことが知られています。一回の妊娠によって、11~15kgの体重増加が発生します。妊娠による腰痛は、ホルモンの影響や重心変化だけでなく体重の増加の影響によっても発生しているのです。

妊娠中の腰痛防止策

妊娠によって発生する腰痛は、お腹の中の赤ちゃんを育てる上で必要なホルモンの働きが影響していることもあって、完全に無くすことはできません。しかし、腰痛を緩和することは可能なのです。妊娠による腰痛にはどのような対策があるのでしょうか。

筋肉トレーニング

妊娠による腰痛は、足腰の筋肉への負担が強くなることが原因の一つになっているといえます。そのため、妊娠前からの筋肉トレーニングを行なうことで妊娠による腰痛の痛みを緩和することが出来ます。

マタニティコルセット

マタニティコルセットは、早産防止や腰への負担の低減などの妊娠中の悩みを解消するためのコルセットです。市販されているマタニティコルセットを装着する場合は医師との相談の上で選ぶようにします。

温浴療法

腰痛には筋肉の緊張が大きく関わってきます。妊娠中の場合、ホルモンの影響もあって筋肉の緊張が起こりやすくなっているので、筋肉の緊張を緩和する温浴療法が有効です。お風呂に入る場合などに足腰を重点的に温めることで、筋肉の緊張をほぐし腰痛を緩和する効果が得られます。

上へ戻る