【腰痛の原因】

病気には必ず原因があり、その原因の有無で発症するかしないかが決まります。
腰痛もその例外ではなく、腰痛に悩む人と悩まされない人の境界線にもなっています。
では、腰痛が起きる原因とはどのようなものなのでしょうか?
ここでは腰痛が起きる原因や種類について解説していきます。

腰痛が起こる原因とは?

腰痛は日常生活の中で、腰痛が発症する条件を満たす行動を取ることで発症する可能性が高まる性質を持っている病気であると言えます。腰痛の発症条件とはどのようなもので、どのような原因によって発生しているのでしょうか。

腰痛の主な原因

腰痛は、筋肉が原因となって起こる場合と骨格が原因になって起こる場合、内臓が原因になって起こる場合の三つの原因によって発症しています。

筋肉から来る腰痛

激しい運動や重いものの持ち運びなどを行なった後は腰痛を感じることが多いように、筋肉の酷使や過度の緊張は腰痛の原因になります。
筋肉から来る腰痛は、一過性の痛みを伴うことが多く数日で筋肉の痛みと共に緩和する性質がありますが、ぎっくり腰を併発する恐れがあります。

骨格からくる腰痛

身体を支えている骨格のずれや歪みは万病の元となります。特に背筋を通る脊椎の腰椎部に歪みやずれが生じることで起こる腰痛は、深刻な問題となります。
骨格から来る腰痛は、椎間板ヘルニアや腰椎すべり症を引き起こしている可能性があり、治療のために手術を必要とすることが少なくないのです。

内臓から来る腰痛

一部の内臓疾患は腰痛の原因にもなります。肥大した内臓が内側から腰椎や腰の筋肉を圧迫することで腰痛が発生しているのです。
内臓から来る腰痛は内臓疾患の症状の一つで、痛みが安静にしていても発生するので腰痛を扱う整形外科以外での検査が必要になります。
また、血管の疾患を原因とする腰痛もあります。動脈硬化が原因となって発生する代動脈瘤が腰に発生した場合、強い腰痛を生じさせます。

その他の原因

腰痛は、老化に伴って発生するため老人に付き物の症状とも言えます。老化によって筋肉が衰え、骨が弱ることで自分の体重を支えきれなくなることで腰痛が発生するのです。
また、精神的なストレスが原因になって自律神経に異常が起こり腰痛を引き起こすこともあります。ストレスが原因で起こる心因性の腰痛は、ストレスの元を断たないと回復しない性質があるため社会生活を送る上で大きな支障になってしまうのです。

二足歩行と腰痛の関係

腰痛は、二足歩行能力を獲得した人間だからこそ起こる病気であるといわれています。四足歩行を行なう動物は、前足を動かしている肩と後ろ足に繋がる腰の二箇所に自分の体重を分散して支えています。一方、二足歩行する人間は、腕を使わず自分の体重を足腰だけで支えています。
単純に言えば二足歩行は四足歩行の二倍の負担が足腰にかかっているので、人間は腰痛が発生しやすくなっているということになります。しかし、生活様式によっては腰痛を発症しない人も居るため、二足歩行だけが腰痛の根本的な原因というわけではないようです。

上へ戻る